法人を設立したときの届出書

法人を設立したときの届出書は、何種類かあります。

 

そのうち必ず提出する必要があるのは、以下の2種類です。

①法人設立届出書

提出先:税務署・都県税事務所・市役所

提出期限:設立後2月以内

②給与支払事務所等の開設届出書

提出先:税務署

提出期限:事務所開設の日から1月以内

 

そして提出すると有利になるので、必ず提出したいのは、

③青色申告の承認申請書

提出先:税務署

提出期限:設立後3月以内又は設立事業年度終了日の前日

です。

 

最低限この3種類を提出していれば、通常は問題ありません。

 

それぞれに提出期限がありますが、一般的に最も早い②の1月以内に合わせて3種類とも提出するのがオススメです。

設立直後はバタバタする時期ですので、提出忘れをしないよう気を付けましょう。

 

※上記コラムは、内容を分かりやすくするため単純化して表現してあります。実行する場合は税務署又は税理士にご確認ください。